【Mリーグ2019】(2019年9月30日1回戦)ABEMASvsフェニックスvs雷電vsパイレーツ

2019年9月30日 第1回戦

ABEMAS(白鳥翔)vs フェニックス(魚谷侑未)vs
雷電(萩原聖人)vs パイレーツ(小林剛)

Mリーグ2019シーズン開幕戦!
2018Mリーグでは開幕戦を制したドリブンズが優勝。大事な一戦になること間違いなし!
どのような結果になるのか?Mリーグ2019スタート!

 

東1局(親 萩原)ドラ 6ピン

萩原(魚谷からロン上がり)リーチ 發 海底 7700点

東1局(親 萩原)1本場 ドラ 3萬

白鳥(ツモ上がり)ピンフ ツモ 700点 400点 1本場 100点オール

東2局(親 魚谷)ドラ 9ピン

萩原(白鳥からロン上がり)一気通貫 ドラ1 2000点

東3局(親 小林)ドラ 7萬

魚谷(ツモ上がり)リーチ ツモ タンヤオ ドラ1(満貫)2000点 4000点

東4局(親 白鳥)ドラ 7索

白鳥 小林 テンパイ 流局

東4局(親 白鳥)1本場 ドラ 3萬

魚谷(白鳥からロン上がり)白 東 ホンイツ(満貫)8000点 1本場 300点

スポンサーリンク

南1局(親 萩原)ドラ 3索

魚谷(ツモ上がり)ツモ タンヤオ ドラ 赤1(満貫)2000点 4000点

南2局(親 魚谷)ドラ 5ピン

魚谷(白鳥からロン上がり)タンヤオ ドラ3 赤1(満貫)12000点

南2局(親 魚谷)1本場 ドラ 5ピン

小林(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 700点 1300点 1本場 100点オール

南3局(親 小林)ドラ 1萬

小林 魚谷 テンパイ 流局

南3局(親 小林)1本場 供託1 ドラ 4萬

萩原(白鳥からロン上がり)七対子 ドラ2 6400点 1本場 300点 

南4局(親 白鳥)ドラ 4索

魚谷(小林からロン上がり)タンヤオ ドラ1 2600点

【結果】

1. 魚谷(フェニックス)52300点
2. 萩原(雷電)33800点
3. 小林(パイレーツ)25500点
4. 白鳥(ABEMAS)-11600点
 
開幕戦を制したのは魚谷プロ!トレードマークだったツインテールをバッサリと切ったのは今シーズン気合いのあらわれ?序盤カンチャンなど苦しい待ちの連続リーチ攻撃が実らず前がかりの麻雀になっているのでは?と思いきや、そこから満貫4発で見事最下位からダントツトップに駆け抜けた!魚谷プロらしい波に乗り切って攻める麻雀が開幕戦から飛び出した!
それに引き替え白鳥プロは開幕から不調すぎ。なんといっても南2局、魚谷プロとの勝負で中ぶくれシャンポンという最悪の待ちだった魚谷プロに対しリーチを掛けていた白鳥プロが掴んだ牌はまさかの中ぶくれの最後のあたり牌!非常事態!
そして小林プロの魅せた南3局親番での魚谷プロに対するドラ切り!開幕戦からとんでもない技が「しれっ」っとさく裂してました。
とはいえ開幕戦は攻防戦というより魚谷プロの一人芝居を見ているという感じ!今年はフェニックスがいい年になるかな?魚谷プロおめでとうございます!

次の対局へ

2019レギュラー順位表ヘ

Mリーグ2019TOP