【Mリーグ】2019ドラフト指名は誰?チーム予想!

2019ドラフト指名予想(第2期)
5月27日Mリーグ公式HPで2019シーズンレギュレーションの変更が発表されました。
チームが契約できる選手数の上限を4名(3名以上)に引き上げ、全チームが男女混成チームを構成することをルール化し、より多くのプロ選手に「Mリーグ」参加への門戸を広げます。

【2019開幕までのスケジュール】
6月 契約更改選手の公表
7月 ドラフト会議、指名選手の公表
8月 2019シーズン契約選手ならびにチーム構成の公表
10月 2019シーズン開幕

6月末までに各チームが契約継続選手の公表を行い、7月に、各チーム4名までの選手を補充する目的でドラフト会議を行います。今期のドラフトでは、いわゆる「ウェーバー方式」を採用し、2018シーズン下位のチームから順に一名ずつ契約希望選手を選択し最大4名までの選手を指名いたします。8月に2019シーズン契約全選手ならびにチーム構成の公表を行い、10月の開幕を迎えます。(Mリーグ公式HPより引用)

【契約更改】
1stシーズンの結果がどうであれ2期目でいきなり現契約選手と更新しないというのはよほどの理由(選手からの契約拒否)がないと全チーム考えずらいと思います。
大前提として現Mリーガー達が全員2期目も契約するという形で考えます。
現段階で既にセガサミーフェニックスと渋谷ABEMASは「1期メンバー全員との契約更新」を発表しています。

New!<追加>
大前提が崩れる?よほどの理由はまさかこっち!
EX風林火山大ピンチ!フライデー報道でドラフトに変化?

【男女混成】
これは、チームによって大きくドラフトにかかわってきます。
現在赤坂ドリブンズ、渋谷ABEMAS、U-NEXTパイレーツの3チームは男性のみ!必然的に今回のドラフトで女性プロを指名しなければならないということになります。
逆にその他のチームはすでに男女混成なので男性女性どちらでもOK、もしかしたらドラフト指名なし!ということもできますがどうなるでしょう。
そして今回は「ウェーバー方式」、2018シーズン最下位の雷電から最後は優勝したドリブンズまで指名選手がそのままチームと契約交渉する競争の無いドラフト。
後半指名のチームは候補選びが難しくなります。

ということで上記条件を踏まえて気ままに予想してみたいと思います。
New!<追加>
「2019シーズンドラフト」が2019年7月9日(火)19時より開催決定
AbemaTV」で生中継予定(Mリーグ公式HPより)
スポンサーリンク

【指名順】

TEAM 雷電
萩原 聖人瀬戸熊 直樹黒沢 咲
【ドラフト予想】
内川幸太郎プロ(連盟)
※主なタイトル 十段位
 
1期Mリーグで黒沢プロ以上に強烈な雷電麻雀を魅せた人はいない!それ以上もしくは同等に雷電の重い麻雀ができる女性プロはいないだろう!ということで女性プロ指名は無し!
確実に指名できる優位な立場を利用するならば、本命はMリーグ1stシーズン解説でもおなじみ内川幸太郎プロになるのかな?今回は必ずどこかのチームに指名されるだろう逸材だけに、他に取られるくらいなら・・という感じで。
イケメン・さわやか・なんといっても十段位タイトルホルダー、最近はRTDリーグ参加で知名度も申し分なし!とはいえ雀風はオーソドックスなバランス型、全体的なカラーは雷電より風林火山がぴったり!のように感じるが。
 
【個人的には】
1stシーズン最下位だったとはいえ「雷電の麻雀は面白いんです」を旗印に極端なまでに大物手を狙う雷電の麻雀は印象的!できれば雷電カラーを今回のドラフトでも継承してほしい!
雀風といい、戦力・実績的に鈴木達也プロがドラフトエントリーしてくれれば最適なのにと思ってしまうが、雀荘オーナーという立場上やっぱり無理なのかな。
ということで今以上にTEAM雷電の平均年齢を上げて朝武雅晴プロ(第2回リーチ麻雀世界選手権優勝)くらい極端な感じでもよろしいのでは!
※妄想ですみません、2人共現実的ではありません。
スポンサーリンク
 
セガサミーフェニックス
魚谷 侑未近藤 誠一茅森 早香
【ドラフト予想】
松ヶ瀬隆弥プロ(RMU)
※主なタイトル 最高位戦Classic 令昭位
 
異色の組み合わせお父さんと娘2人のチームにはやっぱり男子が必要か?
「女性プロ3人はないだろう」ということで男性プロが有力!セガサミーのNET麻雀MJの参加プロでもあり、キャラ立ちした実力者といえば松ヶ瀬隆弥プロ?カリスマ多井プロ率いるRMUの実力派エースが加入すれば戦力的にバランスのとれたチームになりそうな気がする。
ただセガサミーはMJ(連盟プロ以外が参加)を持ちながら大人の事情を全く踏まえず前回ドラフト1位で連盟の魚谷プロを指名した企業。個人的にはMリーグに対する企業の本気を見たようで共感が持てたが2019ドラフトも誰が選出されるのか?またもや「えぇっ!」と驚く人が指名されてもおかしくない。
 
【個人的には】
フェニックスの特徴は感情!感情が高ぶって良く泣いてしまう魚谷プロ、見た目冷静なのに麻雀の所作に熱い想いが出てしまう近藤プロ、いつも冷静で飄々としている茅森プロ、何とも極端な3人が集まっている面白いチーム。
感情!という観点ではレジェンド金子正輝プロが加入したらいろんな意味で「ややこしい」チームになりそう。
お父さん2人に娘2人、変なチーム構成だ!無い!(笑)
スポンサーリンク
 
U-NEXT パイレーツ
小林 剛朝倉 康心石橋 伸洋
【ドラフト予想】
日向藍子プロ(最高位戦)
※主なタイトル プロクィーン
山脇千文美プロ(連盟)
※主なタイトル RTDガールズファイト連覇
 
男女混成ルールにより女性プロ限定となるパイレーツ。
デジタル雀士3人を揃えたこのチームに女性プロって!実力派デジタル女性プロって誰?
実力派女流プロといえば、和久津晶プロ(連盟)、仲田加南プロ(連盟)、朝倉ゆかりプロ(協会)くらいになるだろうが、3人共デジタルとは程遠い!
デジタルっぽさを貫くなら山脇千文美プロ(連盟)の雀風がそっち系?ただし戦力としてMリーグのレベルで通用するとは考えずらい。だとすれば同じ若手でプロクイーンを獲得した日向藍子プロの方があるのかな?ただこちらも戦力というよりはマスコット的な存在になってしまいそう。デジタルにこだわるか?本気で戦力を求めるか?パイレーツの首脳陣はどうするのか予想が本当に難しい!
 
【個人的には】
普通に考えれば女性プロ指名最初のチームになりそうなパイレーツ。1stシーズンでトップ率が弱かった結果を考えれば大きなトップが取れる和久津晶プロが戦力としてバランスがとれるし、連盟のAリーガーでタイトルも多数獲得している点では申し分なし!と思うのだが他3人とキャラが違いすぎる。
「羊の群れにオオカミ」みたいな!控室の小林プロ、朝倉プロ、石橋プロに和久津プロという絵が見てみたい気もするが、現実には繊細な和久津プロの方が気を使ってしまいそうなので無しでしょうね。

次ページ 【麻雀格闘倶楽部・ABEMAS・風林火山・ドリブンズ】