Mリーグ(2018年11月1日 第1回戦)風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

2018年11月1日 第1回戦

 

風林火山(二階堂亜紀)VS 麻雀格闘倶楽部(前原雄大)VS
ABEMAS(白鳥翔)VS 雷電(萩原聖人)

 

調子が上向きの亜紀。安定感抜群の麻雀でトップを取れるか?
東場好調、南場は何もできずを繰り返し3着4着続きの萩原。今回こそトップに期待。
トップとラスを繰り返し、暴れまくる前原、今日も大暴れの麻雀が見たい。
最近の沈み方が、ハンパじゃない白鳥。開幕からの勢いをもう一度取り戻したい。。

 

東1局(親 亜紀)ドラ 白

萩原(ツモ上がり)三色 500点 300点

 

東2局(親 萩原)ドラ 5索

萩原(白鳥からロン上がり)白 ドラ3(満貫)12000点

親の萩原、配牌ドラ2、赤1だが、役が見えずあがりづらい手牌。
白鳥は仕掛けてトイトイテンパイ。
萩原、役牌を残しながら進行すると待望の白が重なり、仕掛けて親満のテンパイ。
東単騎待ち。
白鳥が萩原のあたり牌を掴み放銃。

白鳥、本当に絶不調。いきなりの12000点放銃スタート。

 

東2局(親 萩原)1本場 ドラ 南

萩原 前原 テンパイ 流局

 

東2局(親 萩原)2本場 供託1 ドラ 發

前原(ツモ上がり)リーチ ツモ 裏1 2000点 1000点 2本場 200点オール

白鳥、萩原の第1打の捨て牌から仕掛けホンイツに向かう。
前原2順目に間7ピン待ちガラクタリーチ。
前原ツモ。

出た。ガラクタリーチからのあっさりツモ。
前原のガラクタ強すぎ。

 

東3局(親 白鳥)ドラ 5ピン

前原(ツモ上がり)リーチ ツモ 1300点 700点

前原5順目、またもや間8萬待ちガラクタリーチ。
誰も、手牌が追い付けないままツモ。

これ一体なんですか?(笑)

 

東4局(親 前原)ドラ 6ピン

白鳥(亜紀からロン上がり)タンヤオ ピンフ 赤2(満貫)8000点

亜紀、手牌が伸びてピンフドラ2の1シャンテン。
前原が仕掛けて白ドラ1赤1の1.4萬テンパイ。
白鳥もタンピン赤2の満貫テンパイ。ダマテン。
亜紀が、白鳥のあたり牌を掴み放銃。

白鳥のダマテン満貫さく裂。
点数的にリーチして跳満まで見たいところでダマテンは冷静。
リーチしていたら、亜紀の雀風では降りていたかもしれない。お見事。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 亜紀)ドラ 發

亜紀(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ 一盃口 赤1 裏2(跳満)6000点オール

白鳥7順目、赤5ピンを引き入れてテンパイ、2.5ピン待ちダマテン。
前原も仕掛けて1.4索テンパイ。
同順、亜紀もテンパイを入れ6.9萬待ちリーチに出る。
白鳥も亜紀のリーチを見て、追いかけリーチに出るか亜紀が一発ツモ。

亜紀、東場で点数を減らすも、一気にトップに立つ。

 

南1局(親 亜紀)1本場 ドラ 1索

亜紀(白鳥からロン上がり)リーチ ピンフ 2900点 1本場 300点

亜紀、5順目にテンパイ4.7索待ちリーチ。
白鳥、亜紀のリーチに対し勝負し満貫確定のテンパイで追いかけリーチに出る。
白鳥が亜紀のあたり牌を掴み放銃。

白鳥無念。
亜紀の早い親リーチに対しうまく手牌を作り、果敢に挑むもやはりあたり牌を掴んでしまうのか。

 

南1局(親 亜紀)2本場 ドラ 南

白鳥(ツモ上がり)リーチ ツモ 赤1 2600点 1300点 2本場 200点オール

 

南2局(親 萩原)ドラ 5ピン

前原(白鳥からロン上がり)リーチ 一発 タンヤオ ピンフ ドラ1 赤1(跳満)12000点

仕掛けを入れて白鳥、亜紀がテンパイ。
前原から、タンピンドラ1のリーチが入る。
白鳥が前原のあたり牌を掴み、赤5萬を一発で放銃。

なんと、また白鳥があたり牌をつかんでしまう。
ただ一発且つ掴んだ牌が赤牌だったという2重の危険信号が出ていたらまわっても良かった?

 

南3局(親 白鳥)ドラ 南

亜紀(ツモ上がり)南 ドラ3 赤1(満貫)4000点 2000点

萩原、2順目に三色もしくは一気通貫が見えるくっつきの1シャンテン。
全くツモが効かず、最後までテンパイせず。
前局の跳満でトップにたった前原は、中盤タンヤオ、赤1のテンパイ。ダマテン。
終盤、亜紀が仕掛けてツモ。

 

南4局(親 前原)ドラ 4ピン

亜紀 テンパイ 流局

トップ亜紀40500点、2着前原37000点、3着萩原27200点、4着-4700点

トップ争いがし烈。
親の前原がテンパイできず終了。
順位変動なし。

 

亜紀、得意の省エネ打法でトップ。
東場は何もできなかったが、南場の親番でサクサク手が入りあっさりトップ。
それに引き替え、萩原は東場トップからの南場でズルズルと3着はいつものパターン。
本当に厳しい展開が続く。
前原は、ガラクタリーチが2回ともツモれた時点では絶好調。
いつもの調子でこのまま突き抜けるかと思ったがそうはいかなかった。
白鳥は仕方なし。

 

1. 亜紀(風林火山)42500点
2. 前原(麻雀格闘倶楽部)36000点
3. 萩原(雷電)26200点
4. 白鳥(ABEMAS)-5700点

 

前の対局へ  次の対局へ