【Mリーグ2021】(2021年10月21日1回戦)ドリブンズvsABEMASvs雷電vsパイレーツ

50万人以上が来店した米沢牛専門店さかの
2021年10月21日 第1回戦

ドリブンズ(丸山奏子)vs ABEMAS(日向藍子)vs
雷電(瀬戸熊直樹)vs パイレーツ(瑞原明奈)

開幕から首位を走ってきた雷電が前回2連敗し大きく後退!他3チームも現在のマイナス域を早く解消したいところ。1回戦はベテラン瀬戸熊プロと若手3人の女性プロの対決!あまりない光景なだけにどんな展開になるのか楽しみです!11日目スタート!

東1局(親 日向)ドラ 8索

瑞原(瀬戸熊からロン上がり)發 ホンイツ 赤1(満貫)8000点

東2局(親 丸山)ドラ 2索

瑞原(丸山からロン上がり)リーチ ピンフ 2000点

東3局(親 瑞原)ドラ 2萬

丸山(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ 赤2(満貫)2000点 4000点

東4局(親 瀬戸熊)ドラ 6索

日向(ツモ上がり)發 赤1 500点 1000点

スポンサーリンク

南1局(親 日向)ドラ 3ピン

丸山(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ ドラ1 1300点 2600点

南2局(親 丸山)ドラ 6萬

瑞原 日向 テンパイ 流局

南3局(親 瑞原)1本場 供託1 ドラ 9索

瀬戸熊 テンパイ 流局

南4局(親 瀬戸熊)2本場 供託2 ドラ 5ピン

瑞原(日向からロン上がり)タンヤオ 1000点 2本場 600点

【結果】

1. 丸山(ドリブンズ)34200点
2. 瑞原(パイレーツ)33300点
3. 日向(ABEMAS)20300点
4. 瀬戸熊(雷電)12200点
女性3人の勢いに押され瀬戸熊プロがラス!こういう展開になる予感がしたんですよ。今回は丸山プロ、そして瑞原プロの手牌もツモも良好、テンパイも他者より早い為、とにかく「リーチ」「リーチ」の押せ押せ攻撃!日向プロは何とか食い下がって参戦するも、調子が良い2人には敵わず。瀬戸熊プロに至っては南3局に赤3というチャンス手が入るも実らず、他の局は参戦するのも難しい状態でした。そしてオーラスは女性3人のトップ取りバトルかと思いきや瑞原プロの2着キープの上がりでフィニッシュ。序盤の手組はトップを目指していたように見えたのですが瀬戸熊プロの親リーチが嫌だったのかな?素早いシフトチェンジに「なぬ?2着でOK?」と若干拍子抜け感がありましたが、これもリアリストなパイレーツらしさですね。

前の対局へ  次の対局へ


Mリーグ2021公式ガイドブック [ 一般社団法人Mリーグ機構 ]

2021ファイナル順位表へ

Mリーグ2021TOP

MリーグTOP