Mリーグ(2018年11月19日 第1回戦)ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsパイレーツ

2018年11月19日 第1回戦  

 

ドリブンズ(鈴木たろう)VS 風林火山(二階堂亜紀)VS 麻雀格闘倶楽部(佐々木寿人)VS パイレーツ(朝倉康心)

 

ゼウスがよみがえり、畳み掛けるように連続出場。 勢いが弱まっている三人相手に、たろうが3連勝をもぎ取るか?  

 

東1局(親 たろう)ドラ 8索

亜紀(朝倉からロン上がり)リーチ ドラ1 赤1 5200点

中盤たろうにテンパイが入り、間5萬待ちリーチに出る。 ドラ3で仕掛けている寿人、親のリーチに対し危険牌を押していく。 朝倉もタンヤオの3.6萬待ちテンパイ、ダマテン。 寿人、たろうのあたり牌5萬を掴みビタ止めでまわり、次順5萬単騎でテンパイし返す。 亜紀もテンパイし、1.4萬待ちリーチに出る。 一発で朝倉が亜紀のあたり牌1萬を掴み、テンパイを崩しまわる。 朝倉が仕掛けてテンパイ復活、役なし1萬単騎待ち。 朝倉最終ツモで3索を引き、1萬の方を切り亜紀に放銃。

たろうの待ちを寿人がビタ止めし、5萬単騎待ち。 亜紀の待ちを朝倉がビタ止めし、1萬単騎待ちに。 最後は、テンパイ取りの待ち選択で朝倉が放銃してしまったが、やはりとんでもない雀力の持ち主たち。

 

東2局(親 朝倉)ドラ 4ピン

亜紀(寿人からロン上がり)東 赤1 2600点

 

東3局(親 亜紀)ドラ 8萬

たろう(ツモ上がり)リーチ ツモ 三色 赤2(跳満)6000点 3000点

亜紀の手牌が整った形、たろうは赤2枚使いのピンフ系のチャンス手。 たろう、役牌の西のポンテン3900点の待ちに取れたが鳴かず。 次順、面前でテンパイし3.6索待ち高め三色のリーチに出る。 亜紀が仕掛けて3.5索のシャンポン待ちテンパイ。 たろうが三色の3索をツモ上がり。

 

東4局(親 寿人)ドラ 東

たろう(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ 七対子 赤1(跳満)6000点 3000点

たろう、2回連続の跳満の上がりで2着亜紀に23200点差をつけて48000点の断トツトップに立つ。

 

スポンサーリンク

 

 

南1局(親 たろう)ドラ 中

朝倉(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 三色(満貫)4000点 2000点

中盤たろうが仕掛けを入れトイトイのテンパイ、1ピン6索のシャンポン待ち。 朝倉が三色確定の1.4ピン待ちテンパイ、リーチに出る。 同順、寿人が朝倉の一発目でドラの中を切って6.9萬待ち追いかけリーチ。 亜紀が、寿人の切ったドラの中を鳴き1シャンテン。 同順、朝倉ツモ。

寿人の暴れん坊さく裂。朝倉のリーチに一発でドラを切っての追いかけリーチ。 寿人とその仲間たちにしかまねできない。

 

南2局(親 朝倉)ドラ 9萬

寿人 テンパイ 流局

たろう、序盤に白の後付けで仕掛けを入れていく。 誰もテンパイしないまま終盤へ突入し、寿人が仕掛けてホンイツテンパイ4ピン待ち。 流局。

 

南3局(親 亜紀)1本場 ドラ 3ピン

寿人(ツモ上がり)リーチ ツモ タンヤオ 2000点 1000点 1本場 100点オール

 

南4局(親 寿人)ドラ 8萬

たろう(寿人からロン上がり)ピンフ 赤1 2000点

トップたろう41900点、2着朝倉20700点、3着亜紀19700点、4着寿人17700点 2着争いがし烈。

中盤、寿人が七対子テンパイ、發待ちでリーチに出る。 たろうもピンフのテンパイ、2.5萬待ちダマテン。 寿人が5萬を掴み、たろうに放銃。

 

たろう完全復活、3連勝。 2回の跳満ツモで危なげないダントツトップ。 寿人も戦って良い麻雀を打っていたが、残念ながら展開ラスに。 朝倉、亜紀はなかなか参戦できない手牌だったが朝倉は1回のチャンスをものにして安定の2着。 亜紀は、序盤手が入っている時にもう少し点数が欲しかった。

 

キーワード 「6000オールおじさん」 たろうのことを解説の白鳥が「3000、6000おじさん」と言い放ったことに対し「6000オールおじさんがいい」と言った、たろう。(え?そこ)

 

1. たろう(ドリブンズ)44900点
2. 朝倉(パイレーツ)20700点
3. 亜紀(風林火山)19700点
4. 寿人(麻雀格闘倶楽部)14700点

 

前の対局へ  次の対局へ