Mリーグ(2018年11月2日 第1回戦)ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvsパイレーツ

2018年11月2日 第1回戦

 

ドリブンズ(村上淳)VS 風林火山(二階堂亜紀)VS
フェニックス(近藤誠一)VS パイレーツ(石橋伸洋)

 

前回、トップを取り波に乗る亜紀。個人成績も5位まで上昇。連勝なるか?
多才な技を見せる近藤。今回も攻撃的な押しが見れるのか?
前回うれしい逆転トップを取った村上。チーム成績は落ち込みが激しいが巻き返しは?
ついに、チーム成績トップまで見えたパイレーツ。今日で首位に立つか?

 

東1局(親 亜紀)ドラ 9ピン

近藤(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 1300点 700点

近藤、高め三色のテンパイで即リーチ。
村上は大物手だがリーチを受けてオリに回る。
亜紀もメンホンから近藤のあたり牌を抑えおりる。
すぐに近藤ツモ。

 

東2局(親 近藤)ドラ 3索

亜紀(ツモ上がり)清一色 赤1(跳満)6000点 3000点

親の近藤、配牌でドラ色のメンホンや清一色が見える配牌をもらう。
8順目、仕掛けて清一色テンパイ。
亜紀も10順目、仕掛けを入れ清一色のテンパイ。
亜紀ツモ。

亜紀のツモがすごい。一枚も余らず清一色あがり。
それに比べ、近藤は同じ清一色で親かぶり。苦しい。

 

東3局(親 石橋)ドラ 5ピン

近藤(石橋からロン上がり)北 ドラ2 赤1(満貫)8000点

 

東4局(親 村上)ドラ 白

石橋 テンパイ 流局

石橋が遠くて安い仕掛けを入れて、全員を警戒させる。
ドラの白を全員が1枚ずつ持っているため、石橋に切りづらい。
亜紀は、赤2枚の好形のチャンス手だが白が切れずに降りる。
村上も、親番だが白が切れず降りる。
結局、石橋の策略に全員がおろされ、石橋は最終盤に悠々テンパイを入れて流局。

石橋の黒い思惑がはまった。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 亜紀)1本場 ドラ 8索

村上(近藤からロン上がり)リーチ 一発 ピンフ ドラ1(満貫)8000点 1本場 300点

 

南2局(親 近藤)ドラ 7索

亜紀 石橋 村上 テンパイ 流局

近藤、ドラや赤入りの素晴らしい配牌を貰う。
早い段階で、近藤の欲しい牌が、山から無くなり苦しい展開でテンパイせず。
他、3者は手が進み全員テンパイを入れる。
中でも、亜紀はメンホン七対子をテンパイしたが待ち選択で、
石橋がトイツで使っている牌で待ってしまいジュンカラ。
結局、近藤以外がテンパイ。流局

近藤、最高の配牌をもらいながら最終的には一人ノーテン。
これはひどい。この半荘は苦戦の予感。

 

南3局(親 石橋)1本場 供託1 ドラ 東

村上(石橋からロン上がり)タンヤオ 1000点 1本場 300点

亜紀、素晴らしい配牌からメンホンテンパイ。
途中、急所の牌を仕掛ければ満貫のテンパイに取れたが面前で仕上げる。
村上が仕掛けからテンパイを入れ、石橋が放銃。

亜紀チャンス手をけられ、残念。
この半荘は立て続けに亜紀に大物手が入る。

 

南4局(親 村上)ドラ 6索

石橋(亜紀からロン上がり)リーチ ドラ1 2600点

トップ亜紀35700点、2着村上30900点、3着近藤17400点、4着石橋16000点

勝負は、トップ争いと、3着争い。

亜紀に、軽い手が入り仕掛けて上がりに向かう。
石橋が、テンパイしリーチに出る。
亜紀は、石橋に振り込まなければトップ確定のところでなぜが放銃。
裏ドラが乗らなかったので、降りトップにはなったが・・。

石橋3着浮上。

 

亜紀の手牌がダントツによかった。
普通に打っていれば展開も良かったので大勝しそうなほど。
しかし、今回は前半戦に続いていた逆転されそうでひやひや。
南4局も、よく分からない振込みもあったしちょっと心配。
近藤は、手牌がすばらしい時は罠。
最終的にラスを押し付けられてしまって本当にひどい展開。

 

1. 亜紀(風林火山)33100点
2. 村上(ドリブンズ)30900点
3. 石橋(パイレーツ)18600点
4. 近藤(フェニックス)17400点

 

前の対局へ  次の対局へ