Mリーグ(2018年11月5日 第2回戦)ドリブンズvs風林火山vs雷電vsパイレーツ

2018年11月5日 第2回戦

 

ドリブンズ(園田賢)VS 風林火山(滝沢和典)VS
雷電(瀬戸熊直樹)VS パイレーツ(朝倉康心)

 

亜紀の3連勝でチームトップが見えてきた風林火山。滝沢がトップのABEMASに引導を渡す?
好調瀬戸熊、悔しい黒沢の3着をリベンジできるか?
ラスになってしまった村上からバトンタッチ。園田ドリブンズの救世主なるか?
石橋がまくられ2着。朝倉が巻き返しをはかる。

 

東1局(親 朝倉)ドラ 8萬

園田 テンパイ 流局

 

東2局(親 瀬戸熊)1本場 供託1 ドラ 2ピン

瀬戸熊 テンパイ 流局

 

東2局(親 瀬戸熊)2本場 供託2 ドラ 6索 カンドラ 9索

瀬戸熊(ツモ上がり)白 發 1300点オール 2本場 200点オール

 

東2局(親 瀬戸熊)3本場 ドラ 9萬

園田(瀬戸熊からロン上がり)タンヤオ 1000点 3本場 900点

 

東3局(親 園田)ドラ 8萬

滝沢(ツモ上がり)南 中 ドラ3(満貫)4000点 2000点

 

東4局(親 滝沢)ドラ 7ピン

滝沢 瀬戸熊 テンパイ 流局

親の滝沢、早い段階で3.6索のシャンポン待ちでテンパイするもダマテン。手替わり待ち。
中盤になっても待ちが変わらない為、リーチに出る。
瀬戸熊もテンパイを入れ追いかけリーチにでるが両者上がれず。

 

東4局(親 滝沢)1本場 供託2 ドラ 6ピン カンドラ 9ピン

園田(ツモ上がり)中 500点 300点 1本場 100点オール

全員が整った手牌をもらい、親の滝沢はかなり早い段階でドラ2の1シャンテン。
打点の無い園田が仕掛け6.9索待ちの先制テンパイを入れる。
朝倉が、仕掛けから満貫の1シャンテンで、自身では使えない9索をツモってきたが、
園田のあたり牌切らず。鋭い。
瀬戸熊がテンパイを入れリーチにでるが、同順園田がツモ。

園田の安い仕掛けが他3人のチャンス手を潰す。
この攻撃がうまくいくときは、いい展開。
瀬戸熊は、チャンス手のリーチを1回もツモれなかったのは嫌な感じ。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 朝倉)ドラ 5萬

園田(朝倉からロン上がり)リーチ ピンフ 裏ドラ1 3900点

親の朝倉、間2索待ちで先制リーチをかける。
園田が、ピンフのみではあるが両面待ちテンパイし、追いかけリーチ。
朝倉が園田のあたり牌5ピンをつかんで放銃。

朝倉、リーチの時点では間2索がなんと4枚も山にある状態。
素晴らしい読みではあったが、園田のあたり牌をつかんできてしまっては仕方がない。
園田は、親のリーチに対しピンフのみで追いかけリーチとは、好調な感覚があったか?

 

南2局(親 瀬戸熊)ドラ 8索

園田(ツモ上がり)中 500点 300点

親の瀬戸熊、7順目にテンパイするが待ちは4.5ピンの並びシャンポン。
手替わり待ちの為ダマテン。
園田は、軽い仕掛けから間3索待ちでテンパイし次順あっさりツモ。

瀬戸熊、またも園田の軽い仕掛けにけられてしまう。
園田は、この半荘1000点の安い仕掛けが上がれる素晴らしい展開。
2着以下を突き放せはしないが、微差ながらトップで局を回す。

 

南3局(親 園田ドラ 東

滝沢(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 1300点 700点

滝沢、6順目にテンパイするが間チャン待ちの為、テンパイ取らず。
残す牌が裏目に出て、テンパイのがしや、あがりのがしを繰り返し、
ようやく終盤3メンチャン待ちをテンパイし、リーチに出る。
滝沢ツモ。

 

南4局(親 滝沢)ドラ 9萬

滝沢 朝倉 テンパイ 流局

トップ滝沢31800点、2着園田30000点、3着瀬戸熊26500点、4着朝倉11700点

トップから3着まで5300点の僅差。

園田に、配牌で中が暗刻。早上がりのチャンス。
瀬戸熊も、七対子や役牌を鳴いてのトイトイも見える状況から七対子に決める。
中盤親の滝沢から間3ピン待ちリーチが入る。
朝倉が赤2枚使いの手で、まわしながら終盤高め倍満のテンパイを入れ追いかけリーチ。
2人共上がれず。流局。

滝沢の、抑え込みリーチに対し抑え込まれず、高め倍満の手に仕上げた朝倉はすごい。
海底でツモっていたら、倍満でラス目からいきなりトップになっていた。怖い。

 

南4局(親 滝沢)1本場 供託2 ドラ 9萬

朝倉(瀬戸熊からロン上がり)清一色 赤1(跳満)12000点 1本場 300点

朝倉、萬子の清一色が見える配牌とツモをもらう。
瀬戸熊も素晴らしい配牌から5順目1.4萬待ちテンパイ。
親の滝沢も8順目1シャンテンまで手が伸びるが、自身で切った2萬を朝倉に鳴かれたところで、清一色の影を見てオリにまわる。
朝倉は、清一色のポンテンを取り、5.9萬シャンポン待ちテンパイ。
すぐに瀬戸熊がつかみ放銃。

3.4着入れ替わり。

 

風林火山連勝。今度は滝沢が省エネ打法でトップ。
亜紀と同じく、安全に危険を冒さず、放銃せず、手が入ったときにあがってトップ。
園田の安い仕掛けの局まわしが、大物手のツモ上がりが無くなって、
結果的に滝沢に有利に動いた?
逆に、瀬戸熊は東場の最初にトップに立っていたものの、途中チャンス手をことごとく、園田の1000点に流されてしまった。
最後は、早いリーチでトップ確定かと思ったらこんな結末が、ラスは想定外。
朝倉は、やっと南4局で2回勝負手が入っただけで終始つらい展開。
この連勝で風林火山がABEMASを逆転しチーム成績トップ。

 

1. 滝沢(風林火山)32300点
2. 園田(ドリブンズ)28500点
3. 朝倉(パイレーツ)27500点
4. 瀬戸熊(雷電)11700点

 

前の対局へ  次の対局へ