【Mリーグ】(2018年10月22日 第2回戦)風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

2018年10月22日 第2回戦

 

風林火山(滝沢和典)VS 麻雀格闘倶楽部(佐々木寿人)VS
フェニックス(魚谷侑未)VS 雷電(瀬戸熊直樹)

 

女性対決を黒沢が制し、チーム順位も4位に浮上。瀬戸熊が勢いに乗って連勝なるか?
前回、3着ながら技術力の高さを見せた魚谷。今度こそトップを目指す。
自身の不調でチーム最下位を独走中の寿人。復活のきっかけをつかめるか?
滝沢、亜紀がトップを重ね、チーム好調の風林火山。上位2チームに近づけるか?

 

東1局(親 滝沢)ドラ 南

魚谷(寿人からロン上がり)發 1000点 

 

東2局(親 瀬戸熊)ドラ 9ピン

瀬戸熊(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 裏ドラ1(満貫)4000点オール

 

東2局(親 瀬戸熊)1本場 ドラ 5索

魚谷(寿人からロン上がり)リーチ 裏ドラ1 2600点  1本場 300点

滝沢、大三元やホンイツの見える素晴らしい配牌をもらう。
白を鳴き、大三元の1シャンテンになる。
寿人、七対子テンパイ。
次順、魚谷もテンパイ、即リーチに出る。
寿人、魚谷に放銃。

 

東3局(親 寿人)ドラ 2萬

瀬戸熊(寿人からロン上がり)リーチ 發 2600点

瀬戸熊の先制リーチに、親の寿人勝負手の1シャンテンで瀬戸熊に放銃。

寿人、連続放銃。
調子の悪さがまだ続いている。

 

東4局(親 魚谷)ドラ 8萬

寿人(滝沢からロン上がり)リーチ 北 2600点

寿人が好配牌から6順目先制リーチに出る。
滝沢、おりていたにも関わらず、1枚切れの高め北を放銃。

おりていた滝沢からは考えられないような北の振込み。
あまりにあっさり切ってしまったので北は完全にノーマーク?
オリ打ち満貫放銃は痛恨。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 滝沢)ドラ 2萬

瀬戸熊(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ ドラ2 赤1(跳満)6000点 3000点 

 

南2局(親 瀬戸熊)ドラ 8ピン

瀬戸熊 テンパイ 流局

 

南2局(親 瀬戸熊)1本場 供託1 ドラ 1萬

滝沢(瀬戸熊からロンあがり)リーチ 一発 ピンフ ドラ2(満貫) 8000点  1本場 300点

魚谷、配牌から国士無双に向かい8順目テンパイ。ダマテン。
滝沢からリーチが入り、親の瀬戸熊が勝負し一発で滝沢に放銃。

結果的に、瀬戸熊は魚谷の役満を早めに阻止した形にはなったが、
滝沢のあがりも裏ドラが1個乗っていたら12000点の放銃になっていたためかなり危ない。
全員魚谷の国士無双に気づいていなかったよう。上がってほしかった。

 

南3局(親 寿人)ドラ 東

瀬戸熊(魚谷からロンあがり)ピンフ 1000点

 

南4局(親 魚谷)ドラ 2萬

魚谷 テンパイ 流局

 

南4局(親 魚谷)1本場ドラ 2萬

魚谷(ツモ上がり)東 ドラ2 2000点オール 1本場 100点オール

 

南4局(親 魚谷)2本場ドラ 1索

魚谷(ツモ上がり)タンヤオ 500点オール 2本場 200点オール

 

南4局(親 魚谷)3本場 ドラ 東

滝沢(魚谷からロンあがり)ダブ南 赤1 3900点  3本場 900点

トップ瀬戸熊42500点、2着魚谷32300点、3着寿人13700点、4着滝沢11500点
魚谷がラス親で粘り、トップも見える点数に浮上。
3着争いの寿人、滝沢も僅差。

瀬戸熊、5順目で間チャン待ちテンパイ、ダマテン。
滝沢も仕掛けてテンパイ。
魚谷が滝沢のあたり牌をつかんで放銃。

滝沢、寿人をかわし3着浮上。

 

瀬戸熊トップで雷電2連勝。そして麻雀格闘倶楽部、痛恨の2ラス。
寿人の放銃は展開の悪さと、やたらあたり牌をつかんでいる感じはあるが、
滝沢の寿人への満貫放銃や、瀬戸熊が滝沢に一発放銃など、
ミスとは言えないまでも普段では見ないような2人の放銃があったのには驚き。
いい麻雀を打っていた魚谷がするするっと勝ち抜けるのではと思ったが、
トップまではまくれなかった。
国士無双あがってたらな~。

 

1. 瀬戸熊(雷電)42500点
2. 魚谷(フェニックス)27500点
3. 滝沢(風林火山)16300点
4. 寿人(麻雀格闘倶楽部)13700点

 

前の対局へ  次の対局へ