【Mリーグ】(2018年10月22日 第1回戦)風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

2018年10月22日 第1回戦

 

風林火山(二階堂亜紀)VS 麻雀格闘倶楽部(高宮まり)VS
フェニックス(魚谷侑未)VS 雷電(黒沢咲)

 

Mリーグ初の女性対決。
全員がプロ連盟で高宮以外の3人はリーグも同じ実力者。
手の内を知り尽くしている対決だけに誰が勝利をつかむのか?

 

東1局(親 黒沢)ドラ 1ピン

高宮(魚谷からロン上がり)リーチ ピンフ 2000点

 

東2局(親 亜紀)ドラ 7索

高宮(ツモ上がり)發 赤1 1300点 700点

 

東3局(親 魚谷)ドラ 7索

黒沢(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ ピンフ ドラ1 裏1(跳満)6000点 3000点

全員、手牌が重く終盤勝負へ。
親の魚谷が間チャンながらテンパイ、リーチに出る。
同順、黒沢もテンパイし追いかけリーチ。
黒沢一発ツモ。

黒沢の待ちは魚谷の現物待ちの為、ダマテンのピンフドラ1にしてもよかったところ、
追いかけリーチで跳満に仕上げたのはお見事。

 

東4局(親 高宮)ドラ 7索

魚谷 黒沢 テンパイ 流局

全員が中盤、高い手に育つ。
その中でも黒沢に満貫確定、ツモで跳満のテンパイが入りリーチに出る。
魚谷も仕掛けてテンパイを取り、黒沢の危険牌も押して勝負に出るも流局。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 黒沢)1本場 供託1 ドラ 1索

黒沢 魚谷 高宮 テンパイ 流局  

亜紀、珍しく安く遠い仕掛けであがりにかけ、単騎待ちテンパイに。
直後、親の黒沢からリーチが入り亜紀8枚しか手牌が無いところから、暗カンし手牌が4枚に。
4枚からオリにまわるが、高宮からもリーチが入る。
同順魚谷もテンパイするが間チャン待ちの為、一度まわる。
次順両面に変化し魚谷追いかけリーチ。
亜紀、3件リーチに挟まれ他家のあたり牌をどんどんつかむが、受けの強さを見せ、
唯一当たらない牌を切って乗り切り、結局誰もあがれず流局。

黒沢の見事な七対子の仕上げと、魚谷の両面まで待っての追いかけリーチ、
亜紀の、手牌4枚からの受け、見どころ満載で技術の高さを見せた1局。
ただ、亜紀は普段遠い仕掛けをしないのにとても以外。
前回、積極的に攻めた結果トップを獲得したことで、攻撃寄りにシフト?

 

南1局(親 黒沢)2本場 供託4 ドラ 2萬

黒沢 魚谷 亜紀 テンパイ 流局

あがれば、供託4本付き。
黒沢が役牌を仕掛け、7順目両面テンパイもすでに待ちは山に1枚しか存在せず。
他、3人が手を進め、亜紀に四暗刻テンパイが入るも、山には無い。
魚谷は、仕掛けてタンヤオドラ1のテンパイが入るが、浮いている牌は亜紀のあたり牌。
あたり牌を切らず、一度テンパイを崩し最終的に亜紀のあたり牌の単騎の待ちでテンパイを入れなおす。

流局となったが、魚谷の前に出ながら、ピンポイントであたり牌だけをビタ止めする技術は、さすが。
黒沢は、ドラを河に3枚並べてしまい親萬の上がりのがし。

 

南1局(親 黒沢)3本場 供託4 ドラ 8萬

亜紀(高宮からロン上がり)ダブ南 2000点 3本場 1200点

供託4本持越し。
魚谷、亜紀、仕掛けて積極的に前へ出て両者テンパイ。
高宮もテンパイし、リーチに出るが亜紀のあたり牌をつかみ放銃。

見どころは魚谷の押し。
高宮のリーチに一発でドラをつかんだが、そのまま切って勝負。
あたり牌は止めるのに、ドラは切り飛ばしてくるかっこよさ素敵。

 

南2局(親 亜紀)ドラ 7萬

黒沢(高宮からロンあがり)ピンフ 1000点

高宮、ピンフのテンパイが入るも、手替わり一気通貫を見てダマテン。
次順待望の、確定一気通貫のテンパイに変わりリーチに出る。
同順黒沢もテンパイ。高宮のあたり牌の単騎待ち。ダマテン。
次順、単騎待ちだった牌にくっつきターツができ、テンパイを崩して頭を作りかえる。
黒沢2順後、テンパイ復活。ダマテン。
高宮が黒沢のあたり牌をつかみ放銃。

黒沢の押しだけではない、あたり牌を使い切りながら上がりをものにする、
技術の高さは素晴らしい。

 

南3局(親 魚谷)ドラ 東

黒沢(高宮からロンあがり)七対子 ドラ2 6400点

黒沢6順目七対子テンパイ。待ち変えの為ダマテン。
9順目にドラの東をひいて七対子、ドラ2になりリーチにはいかずダマテン。
高宮、手牌からドラの東を放銃。

黒沢の七対子の精度はやはりお見事。
一方、高宮の手はタンヤオ確定の1シャンテン。
必要のないドラの東をなぜ引っ張ってしまったのか?
魚谷がドラを切ったときに合わせていれば放銃は無かった。

 

南4局(親 高宮)ドラ 西

亜紀(高宮からロンあがり)發 赤1 2000点

トップ黒沢47200点、2着亜紀25100点、3着魚谷17800点、4着高宮9900点

好配牌をもらった亜紀が仕掛けから7順目テンパイ。
高宮も間チャン待ちで、親の押さえつけリーチに出る。
亜紀は、このリーチに対し危険牌を切って勝負。
高宮が亜紀のあたり牌をつかみ放銃。
順位変動なし。

 

女流対決、最高に面白かった。
際立ったのは、魚谷、黒沢の攻守のうまさ。
前回トップを取り攻めに出るようになった亜紀。
最後まで攻める姿勢を崩さずバランスがよくなったように見える。
高宮は、配牌が他者に比べて全体的に良かった。
手牌の勝負ならトップを取れていただろうが、切り遅れや、ミスを許してくれない他3人の技術力が相当高かった。

 

1. 黒沢(雷電)47200点
2. 亜紀(風林火山)28100点
3. 魚谷(フェニックス)17800点
4. 高宮(麻雀格闘倶楽部)6900点

 

前の対局へ  次の対局へ

2,500,000本売れてるまつ毛美容液