【Mリーグ】(2018年10月16日 第2回戦)ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

2018年10月16日 第2回戦

 

ドリブンズ(園田賢)VS 風林火山(二階堂亜紀)VS
ABEMAS(白鳥翔)VS 雷電(瀬戸熊直樹)

 

前回ABEMAS包囲網でラスを押し付けられた白鳥。今回はどう戦うか?
連戦の瀬戸熊、オーラスでまくられ3着の雪辱を果たせるか?
トップを取った滝沢をあえて亜紀に変えてきた風林火山。期待にこたえられるか?
前回トップを取り、流れがいい園田はたろうの箱ラスを挽回できるのか?

 

東1局(親 瀬戸熊)ドラ 白

瀬戸熊 テンパイ  流局

 

東1局(親 瀬戸熊)1本場 供託1 ドラ 1索

瀬戸熊(亜紀からロンあがり)タンヤオ 赤2 5800点  1本場 300点

 

東1局(親 瀬戸熊)2本場 ドラ 1萬

瀬戸熊 白鳥 テンパイ  流局

 

東1局(親 瀬戸熊)3本場 供託1 ドラ 5萬

瀬戸熊 テンパイ  流局

 

東1局(親 瀬戸熊)4本場 供託1 ドラ 5萬

園田(白鳥からロンあがり)ピンフ ドラ1 赤1 3900点 4本場 1200点

親の瀬戸熊、赤2枚使いのピンフが見える好配牌を貰うが終盤までテンパイできず。
一方、園田は終盤テンパイしダマテンに取り、白鳥から打ち取り。

ダマテン正解。園田技あり。

 

東2局(親 白鳥)ドラ 北

瀬戸熊(園田からロンあがり)リーチ 一発 ピンフ 赤1 裏1(満貫)8000点

瀬戸熊、4順目にテンパイが入りリーチ。
園田が、1シャンテンからまっすぐ勝負したら打たないあたり牌を、
まわし打ちして一発で放銃。

 

東3局(親 亜紀)ドラ 3萬

亜紀(ツモあがり)リーチ ツモ ドラ1 裏1(満貫)4000点オール

親の亜紀、間チャン待ちテンパイ、親の押さえつけリーチ。
同順、園田、瀬戸熊にテンパイが入り、追いかけリーチ。
3人の一発を消すため、白鳥が仕掛けると、すぐに亜紀がツモ。

園田は両面、瀬戸熊は3メンチャン待ち、一番不利な亜紀がツモれたのは奇跡。

 

東3局(親 亜紀)1本場 ドラ 9ピン

亜紀(ツモあがり)リーチ ツモ ピンフ 赤2 裏1(跳満)6000点オール 1本場 100オール

 

東3局(親 亜紀)2本場 ドラ 7ピン

亜紀 園田 テンパイ  流局

 

東3局(親 亜紀)3本場 供託1 ドラ 2索

亜紀(ツモあがり)ツモ 赤1 1000点オール 3本場 300点オール

園田、配牌で七対子1シャンテンから即座に仕掛けトイトイに向かう。
亜紀、瀬戸熊にテンパイが入るが2人共待ちが悪いのでダマテン。
亜紀あっさりツモ。

 

東3局(親 亜紀)4本場 ドラ 6索

白鳥(園田からロンあがり)リーチ ピンフ 一気通貫 ドラ1(満貫)8000点 4本場 1200点

瀬戸熊、一気通貫の満貫テンパイも2枚切れの間チャン待ちの為、ダマテン。
白鳥も高め一気通貫のテンパイ、両面待ちでリーチに出る。
園田もテンパイ、シャンポン待ちのガラクタ追いかけリーチに出るが、
テンパイ打牌が、白鳥の高め一気通貫のあたり牌、放銃。

園田の安い愚形待ち追いかけリーチは勝負する価値があったのかな?

 

東4局(親 園田)ドラ 9萬

亜紀(ツモあがり)タンヤオ 赤1 2000点

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 瀬戸熊)ドラ 西

瀬戸熊(ツモあがり)白 ホンイツ ドラ3(跳満)6000点オール

瀬戸熊、ドラは2枚あるものバラバラの配牌からドラを仕掛けてテンパイに向かう。
ドラポンにより、他家が警戒し、テンパイに向かえない展開になる。
瀬戸熊、捨て牌から相手にプレッシャーをかけ、終盤テンパイが入りすぐにツモ。

バラバラな手牌から、相手の手を曲げさせて跳満に仕上げた瀬戸熊恐るべし。お見事。

 

南1局(親 瀬戸熊)1本場 ドラ 8萬

瀬戸熊(ツモあがり)リーチ ツモ タンヤオ 一盃口(満貫)4000点オール 1本場 100点オール

亜紀が仕掛けてあがりに向かうが安全牌を持ちながらの進行。
親の瀬戸熊は2枚見えのカンチャン待ちテンパイで即リーチに出る。
仕掛けていた白鳥もテンパイが入る。
瀬戸熊がツモって親満。
2着亜紀との点差を約17000点つけ、瀬戸熊がダントツトップに浮上。

 

南1局(親 瀬戸熊)2本場 ドラ 8萬

亜紀(瀬戸熊からロンあがり)リーチ 赤1 ドラ1 裏1(満貫)8000点  2本場 600点

亜紀、ペンチャン待ちで、先制リーチにでる。
瀬戸熊もテンパイ、ツモリ三暗刻のシャンポン待ち追いかけリーチ。
瀬戸熊、亜紀のあたり牌をつかみ放銃。

トップ瀬戸熊からの直撃で亜紀が2200点差でトップ復活。

 

南2局(親 白鳥)ドラ 3ピン

瀬戸熊(ツモあがり)ツモ ピンフ ドラ1 赤1  2600点 1300点

園田の先制3メンチャン待ちリーチに対し、白鳥、瀬戸熊はまわりながらも手を進めてテンパイを取りに行く。
終盤、瀬戸熊がテンパイしダマテン。
次順、ツモ。

先制リーチが入ってからの白鳥、瀬戸熊の回し打ちはお見事。
トッププロの技を見た局。

これで瀬戸熊が約5000点差でトップ再逆転。

 

南3局(親 亜紀)ドラ 西

園田 白鳥 テンパイ 流局

 

南4局(親 園田)1本場 供託1 ドラ 8ピン

園田(ツモあがり)リーチ 一発 ツモ タンヤオ ピンフ 三色 ドラ1 赤1(倍満)8000点オール 1本場 100点オール

トップ瀬戸熊57100点、2着亜紀51800点、3着白鳥3500点、4着園田-13400点

トップ争いは5300点差、瀬戸熊か?亜紀か?

 

南4局(親 園田)2本場 ドラ 4索

園田(ツモあがり)リーチ ツモ 裏2(満貫)4000点オール  2本場 200点オール

園田の親の倍満ツモで、園田が3着に浮上も、まだ上位2人にはほど遠い。
やはり、今局もトップ争いが焦点になるか?

亜紀、七対子でトップ逆転のテンパイ、あえてドラを切ってひっかけリーチに出る。
即座に親の園田から追いかけリーチが入りあっさりツモ。

この親満ツモでトップの瀬戸熊44800点、2着亜紀38500点と3着園田25500点になり、どんどん差が詰まってきている状況。

 

南4局(親 園田)3本場 ドラ 7索

園田 白鳥 テンパイ 流局

 

南4局(親 園田)4本場 供託1 ドラ 5萬

園田(亜紀からロンあがり)中 ドラ2 5800点 4本場 1200点

園田、仕掛けを入れテンパイするが苦しいペンチャン待ち。
ドラ単騎に待ちを変えたところテンパイしていた亜紀がすぐに放銃。

2着亜紀からの直撃で、園田2着まで浮上。

 

南4局(親 園田)5本場 ドラ 2萬

園田 瀬戸熊 テンパイ

 

南4局(親 園田)6本場 供託1 ドラ 3萬

瀬戸熊(ツモあがり)中 700点 400点 6本場 600点オール

トップ瀬戸熊44800点、2着園田34500点、3着亜紀28500点、4着白鳥-8800点
園田は親満でトップが見える点差になったが、瀬戸熊がツモ、。
順位変動なし。

 

ジェットコースターのような展開。
東1局の親番で瀬戸熊が連荘で粘り、そのあと亜紀が大物手であがりを積み重ね、最後は、園田がオーラスの優位を活かして、箱ラスから33200点まで復活。
ラスになってしまった白鳥は、手が悪いながらもベタオリはせず戦い続けていたのはさすが。
攻めないと勝てない、レベルの高いプロが集まると簡単にトップを取らせてくれないと思い知らされる対局。

 

1. 瀬戸熊(雷電)49100点
2. 園田(ドリブンズ)33200点
3. 亜紀(風林火山)27500点
4. 白鳥(ABEMAS)-9800点

 

前の対局へ  次の対局へ