Mリーグ(2018年11月9日 第2回戦)風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

2018年11月9日 第2回戦

 

風林火山(二階堂亜紀)VS 麻雀格闘倶楽部(前原雄大)VS
ABEMAS(松本吉弘)VS フェニックス(魚谷侑未)

 

ラスをひいてしまった近藤からバトンタッチの魚谷巻き返せるか?
最近手牌も展開も絶好調の亜紀、勢いに乗って個人成績トップまで行くのか?
連戦の前原、2連勝でチーム最下位脱出を目指す。
チームトップを争うABEMAS再度王座奪還なるか?

 

東1局(親 魚谷)ドラ 5索

松本(前原からロン上がり)タンヤオ 清一色(跳満)12000点

松本が仕掛けを入れて清一色に向かう。
中盤、前原2.5.8萬リーチに出る。
同順、松本も2.7萬待ちのテンパイが入る。
前原が7萬を掴み放銃。

なんと、前原には珍しい3メンチャンリーチにも関わらずあがれず放銃にまわってしまう。

 

東2局(親 松本)ドラ 4萬

松本(魚谷からロン上がり)白 ドラ1 2900点

 

東2局(親 松本)1本場 ドラ 8萬

前原(ツモ上がり)中 赤1 1000点 500点 1本場 100点オール

親の松本、中盤ピンフドラ1赤1でテンパイするも1.4ピン待ちダマテン。
亜紀にもテンパイが入り、5.8萬待ちリーチに出る。
仕掛けを入れた前原も2.5萬をテンパイし、次順ツモ。

松本が、上がりを拾いに行ったダマテンの選択がどうだったのか。
リーチ宣言していたら、亜紀と前原の押し返しが無かった気がする。

 

東3局(親 亜紀)ドラ 7索 カンドラ 4萬

前原 テンパイ 流局

前原、仕掛けて萬子のホンイツに向かう。
上家の亜紀、中暗刻のチャンス手だが下家の前原に萬子と字牌が切れずおりる。
前原7.8萬でテンパイするが流局。

 

東4局(親 前原)1本場 ドラ 9ピン

松本(ツモ上がり)ツモ ピンフ 700点 400点 1本場 100点オール

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 魚谷)ドラ 1索

魚谷 前原 テンパイ 流局

 

南1局(親 魚谷)1本場 供託1 ドラ 5萬

前原(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ ドラ1 裏1(満貫)4000点 2000点  1本場 100点オール

 

南2局(親 松本)ドラ 9索

松本 亜紀 魚谷 テンパイ 流局

 

南2局(親 松本)1本場 ドラ 7ピン

魚谷(前原からロン上がり)タンヤオ ドラ1 2000点 1本場 300点

 

南3局(親 亜紀)ドラ 4索

前原(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ ドラ1 裏ドラ2(跳満)6000点 3000点

7順目、前原にピンフドラ1のテンパイが入り6.9萬待ちリーチに出る。
ラス目の親番で亜紀オリに回る。
終盤前原ツモ。

 

南4局(親 前原)ドラ 8索

亜紀(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ タンヤオ 赤2(跳満)6000点 3000点

トップ松本35000点、2着前原34000点、3着魚谷18700点、4着亜紀12300点
前局の上がりで、トップと2着の差が1000点に。し烈なトップ争い。

松本6順目テンパイするが役が無い形の為、テンパイ取らず。
次順テンパイを取っていたらあがりになっていた牌をひいてしまいあがりのがし。
終盤、亜紀にテンパイが入り2.5索待ちリーチに出る。
亜紀一発ツモ。

3着、4着入れ替わり亜紀が3着に浮上。

 

またもや亜紀の省エネ打法でラス回避。
ほぼ受けに回っていたにも関わらず、最終局で一発と赤牌ツモで跳満って簡単!
毎回難しい勝負をしている魚谷がかわいそうに見える。
松本はうれしいトップ。これでABEMAS首位に堂々返り咲き。

 

1. 松本(ABEMAS)32000点
2. 前原(麻雀格闘倶楽部)28000点
3. 亜紀(風林火山)24300点
4. 魚谷(フェニックス)15700点

 

前の対局へ  次の対局へ