Mリーグ(2018年12月10日 第2回戦)麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsパイレーツ

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>

 

2018年12月10日 第2回戦

 

麻雀格闘倶楽部(佐々木寿人)VS ABEMAS(多井隆晴)VS
雷電(瀬戸熊直樹)VS パイレーツ(朝倉康心)

 

寿人以外の3人がバトンタッチ。
雀風はそれぞれバラバラだが現在の麻雀界のトップクラス4人の対決。

 

東1局(親 多井)ドラ 2索

多井(ツモ上がり)リーチ 一発 ツモ ドラ1(満貫)4000点オール

 

東1局(親 多井)1本場 ドラ 2索

寿人 朝倉 テンパイ 流局

 

東2局(親 瀬戸熊)2本場 供託1 ドラ 7ピン

瀬戸熊(ツモ上がり)リーチ ツモ 赤1 2000点オール 2本場 200点オール

 

東2局(親 瀬戸熊)3本場 ドラ 3萬

寿人(瀬戸熊からロン上がり)リーチ 赤1 裏ドラ2(満貫)8000点 3本場 900点

 

東3局(親 寿人)ドラ 白

寿人 瀬戸熊 朝倉 テンパイ 流局

中盤瀬戸熊テンパイ、1索単騎待ちリーチに出る。
寿人もテンパイし2.5.8索待ちダマテン。
朝倉も海底でテンパイし、危険牌ではあるが6索を切ってテンパイを取る。

寿人、瀬戸熊、朝倉の押しにトップ目多井が押され気味。

 

東3局(親 寿人)1本場 供託1 ドラ 南

瀬戸熊(多井からロン上がり)白 1300点 1本場 300点

全員が20000点代、微差で寿人がトップ。

 

東4局(親 朝倉)ドラ 中

瀬戸熊(多井からロン上がり)リーチ 西 赤1 5200点

多井、ドラの中がトイツの配牌を貰うが中が鳴けずテンパイしない。
終盤、瀬戸熊が白と西のシャンポン待ちリーチに出る。
山には無いが、寿人に白が1枚、多井は白も西も1枚ずつ持っている。
多井が西を瀬戸熊に放銃。

あれ?多井がおりていたのに放銃?珍しい。

 

歯科医師共同開発の全額返金保証書付き口臭サプリ【ブレスマイル】

 

南1局(親 多井)ドラ 3ピン カンドラ 8索

寿人(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 裏ドラ1 2600点 1300点

 

南2局(親 瀬戸熊)ドラ 6ピン

多井(ツモ上がり)ツモ 七対子 ドラ2 赤1(跳満)6000点 3000点

 

南3局(親 寿人)ドラ 2萬

朝倉(多井からロンあがり)タンヤオ 赤1 2000点 

中盤、寿人がテンパイ6.9萬待ちリーチに出る。
朝倉も仕掛けて間3ピン待ちテンパイ。
多井もドラをポンし勝負に出るも手牌4枚でテンパイしていない。
多井が3ピンを切って朝倉に放銃。

 

南4局(親 前原)ドラ 7萬

寿人(瀬戸熊からロンあがり)中 1000点 

トップ多井30900点、2着寿人30400点で、3着朝倉20000点、4着瀬戸熊18700点
トップ争いが500点差、3着争いも1300点差。

寿人と多井が仕掛けを入れ早上がりに向かう。2人共上がればトップ。
寿人が3.6索待ちテンパイ。
終盤瀬戸熊がテンパイ、2.5索待ちフリテンリーチだがツモで跳満、トップに立つ。
最終盤、瀬戸熊が3索を掴み寿人に放銃。

寿人が多井をかわしトップ。

 

寿人本日2連勝、先週からは3連勝で爆発中。
手牌、ツモ、テンパイから上がりまでのスピードいうことなしの絶好調。
多井も好調の兆しがある上がりがあった一方、多井らしくない振込みや仕掛け。
朝倉、瀬戸熊は不調を感じさせる匂いがプンプン。
特に瀬戸熊は東場で点数を持って南場で何もできず減らし、いつの間にかラス。
前半の萩原と同じ現象、これはやばい。

 

1. 寿人(麻雀格闘倶楽部)32400点
2. 多井(ABEMAS)30900点
3. 朝倉(パイレーツ)20000点
4. 瀬戸熊(雷電)16700点

 

前の対局へ  次の対局へ

 

まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量200GB~レンタルサーバー『HETEML