Mリーグ(2018年12月11日 第2回戦)麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvsパイレーツ

ハリー・ポッターを観るなら<U-NEXT>

 

2018年12月11日 第2回戦

 

麻雀格闘倶楽部(前原雄大)VS ABEMAS(松本吉弘)VS
フェニックス(魚谷侑未)VS パイレーツ(石橋伸洋)

 

トップを取った松本と魚谷が連戦。前原と石橋がバトンタッチで勝利を目指す。
魚谷はここで気合いの連戦、必ずトップが欲しい。がんばれ!

 

東1局(親 魚谷)ドラ 7ピン

石橋 テンパイ 流局

 

東2局(親 前原)1本場 供託1 ドラ 2ピン

前原 魚谷 テンパイ 流局

 

東2局(親 前原)2本場 供託2 ドラ 7ピン

前原 テンパイ 流局

5順目、魚谷仕掛けてテンパイ、2.5萬待ち。
同順前原もテンパイし、白と中のシャンポン待ちリーチに出る。
2人の待ち牌は山に沢山残っていたが石橋、松本のもとに流れ流局。

またしても流局、前原2局連続勝負手があがれず。
タラればだが、魚谷が途中テンパイを崩さず全部押していればあがっていた。

 

東2局(親 前原)3本場 供託3 ドラ 8ピン

前原(ツモ上がり)ツモ タンヤオ ピンフ 一盃口(満貫)4000点オール 3本場 300点オール

魚谷、仕掛けてテンパイ、中単騎地獄待ち。
中盤、松本もテンパイ間3索待ちダマテン。
同順石橋もテンパイ、4.7ピン待ちリーチに出る。
こちらも同順親の前原にテンパイ5.7.8索待ち、ダマテン。
魚谷、待ちが変わり6.9索待ち。
松本が間6萬に待ちが変わり追いかけリーチに出る。
終盤前原ツモ。

全員テンパイを制したのは前原、これで前原がリード。

 

東2局(親 前原)4本場 ドラ 1萬

前原 松本 テンパイ 流局

 

東2局(親 前原)5本場 供託2 ドラ 9萬

松本(ツモ上がり)南 赤1 1000点 500点 5本場 500点オール

 

東3局(親 松本)ドラ 3ピン

松本 魚谷 テンパイ 流局

 

東3局(親 松本)1本場 供託1 ドラ 5ピン

魚谷(前原からロン上がり)リーチ ピンフ 三色(満貫)8000点 1本場 300点

前原、東暗刻ドラ2の好配牌を貰う。
石橋が一盃口でテンパイ間3萬待ちダマテン。
魚谷、ピンフ三色のテンパイ1.4ピン待ちリーチに出る。
前原が仕掛けてテンパイを取り魚谷に1ピンを放銃。

 

東4局(親 石橋)ドラ 白

魚谷(前原からロン上がり)リーチ 一発 ピンフ 赤1 裏ドラ1(満貫)8000点

前原ホンロウ七対子もしくはホンロウトイトイが見える手牌を貰うが手が進まない。
前原仕掛けて南と1索のシャンポン待ちツモれば跳満テンパイ。
松本も發待ち七対子テンパイ、ダマテン。
魚谷もテンパイし、4.7索待ちリーチに出る。
前原が4索を一発で掴み魚谷に放銃。

前原、2局連続魚谷への放銃により、魚谷がトップ逆転。

 

バイト探しはシフトワークス

 

南1局(親 魚谷)ドラ 1ピン

魚谷(松本からロン上がり)リーチ ピンフ 赤2(満貫)12000点

全員整った配牌を貰う。
松本がドラ1ピンをポンしてホンイツに向かう。
6順目、魚谷テンパイ4.7ピン待ちリーチに出る。
松本もテンパイ、2.5ピン待ち。
松本が4ピンを掴み3ピンを切ればトイトイがついて打点が高くなるが、
待ちの良さを取って2.5ピン待ちを継続し、4ピンを魚谷に放銃。

松本ここで痛恨の12000点放銃。
魚谷46000点超えの断トツトップに立つ。

 

南1局(親 魚谷)1本場 ドラ 9萬

石橋(ツモ上がり)ツモ 一盃口 ドラ2 赤1(満貫)4000点 2000点 1本場 100点オール

 

南2局(親 前原)ドラ 6萬

魚谷(前原からロン上がり)ピンフ タンヤオ ドラ1 3900点

 

南3局(親 松本)ドラ 東

石橋(前原からロンあがり)リーチ 赤1 2600点 

全員が好配牌。
前原が仕掛けて間7萬待ちテンパイ。
松本もテンパイが入り間7萬待ちテンパイ、リーチにでる。
前原、待ちが変わり4.7萬待ち。
石橋もテンパイし6.9萬待ち追いかけリーチに出る。
前原が9萬を石橋に放銃。

前原、安い仕掛けで勝負に出るも放銃。放銃が止まらない。

 

南4局(親 石橋)ドラ 9ピン

石橋(松本からロンあがり)東 發 ドラ2 赤1(満貫)12000点 

トップ魚谷47300点、2着石橋27100点で、3着前原17000点、4着松本8600点

石橋、東トイツ發暗刻、ドラ2の超好配牌。
中盤石橋テンパイ、東と9ピンのシャンポン待ちダマテン。
松本が東を掴んで石橋に放銃。

 

南4局(親 石橋)1本場 ドラ 6ピン

石橋(魚谷からロンあがり)リーチ ドラ1 裏ドラ1 7700点  1本場 300点

トップ魚谷47300点、2着石橋39100点で、3着前原17000点、4着松本-3400点

魚谷仕掛けてタンヤオに向かう。
石橋テンパイ、ペン3ピン待ちリーチに出る。
魚谷もテンパイするが、3ピンを切るか7ピンを切るかの選択で3ピンを選び石橋に放銃。

魚谷ここでの7700点放銃は痛恨。
トップ魚谷からの直撃により石橋がトップ逆転。

 

南4局(親 石橋)2本場 ドラ 2ピン

松本(魚谷からロンあがり)リーチ タンヤオ 赤1 5200点  2本場 600点

トップ石橋47100点、2着魚谷39300点で、3着前原17000点、4着松本-3400点

松本、ダマテンでピンフ赤1の6.9索待ちテンパイ。
魚谷が9索を切るもあがらず。
松本、待ちを変化させ4.5.8待ちリーチに出る。
魚谷が4索を切り松本に放銃。順位変動なし。

 

石橋怒涛の追い上げでトップを掴みとりパイレーツがチーム成績4位に浮上。
東場の最初は前原が、中盤は魚谷が、そして最後は石橋が点数を積み重ねる展開。
前原はトップ目に立ってから放銃が止まらず転落。
チーム成績を考えるなら高宮のマイナスを少しでも減らす方向でもよかったのでは?
特に東3局の魚谷への満貫放銃と南2.3局の放銃は、勝負手だったのか。
すでに後半戦に突入し、麻雀格闘倶楽部はマイナスを増やしている場合ではないよ。

 

1. 石橋(パイレーツ)47100点
2. 魚谷(フェニックス)33500点
3. 前原(麻雀格闘倶楽部)17000点
4. 松本(ABEMAS)2400点

 

前の対局へ  次の対局へ