【Mリーグ】(2018年10月11日 第2回戦)ドリブンズvs風林火山vsフェニックスvs雷電

2018年10月11日 第2回戦

 

ドリブンズ(鈴木たろう)VS 風林火山(二階堂亜紀)VS
フェニックス(近藤誠一)VS 雷電(萩原聖人)

 

近藤、当然の連戦、巧みな技で連勝を目指す。
前回村上が危うい麻雀ながら2着キープ。まだドリブンズはいい展開。
女流雀士トップなし。やはり最初のトップは亜紀なのか?
ここまで、プラスのない萩原、どう立て直す?
またまた、面前派が多い対局、たろうは、面前派三人相手にどうでるか?

 

東1局(親 たろう)ドラ 白

亜紀(ツモあがり)リーチ 一発 ツモ タンヤオ 赤1 裏1(跳満)6000点 3000点

 

東2局(親 亜紀)ドラ 3萬

亜紀(ツモあがり)ツモ 七対子 ドラ2(満貫)4000点オール

たろう赤牌を2枚使い、2枚切れのシャンポンリーチに出る。
亜紀も押し返し七対子テンパイ、ダマテン。
亜紀ツモ。

亜紀の技術力、高い押し返しが素晴らしい。

 

東2局(親 亜紀)1本場 ドラ 西

萩原(近藤からロンあがり)リーチ ピンフ 2000点  1本場 300点

萩原、テンパイ即リーチ。
山にあがり牌が無かったが、近藤が勝負に出て放銃。

 

東3局(親 近藤)ドラ 6索

近藤(たろうからロンあがり)リーチ ドラ2 7700点

親の近藤ドラ2のテンパイ、リーチに出る。
たろう、まわしながらテンパイ。ダマテンにするが近藤のあたり牌をつかんで放銃。

 

東3局(親 近藤)1本場 ドラ 北

近藤(亜紀からロンあがり)東 赤1 4800点  1本場 300点

近藤2順目、テンパイし、待ち変えのためダマテン。
待ちが東に変化したためリーチに出る。
萩原もテンパイを入れ追いかけリーチ。
安牌の無い亜紀が近藤に放銃。

萩原、勝負手が1回もツモれずに横移動で終了。

 

東3局(親 近藤)2本場 ドラ 4索

亜紀(近藤からロンあがり)タンヤオ ピンフ 2600点  2本場 600点

 

東4局(親 萩原)ドラ 北

亜紀(たろうからロンあがり)白 赤1  2600点 

たろうチャンス手をもらいテンパイ、リーチに出る。
亜紀が危険牌を抑えながらテンパイ。
たろうが、亜紀のあたり牌をつかみ放銃。

亜紀の危険牌を抑えながらテンパイに持っていく技術は本当にすごい。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 たろう)ドラ 發

近藤(ツモあがり)リーチ 一発 ツモ タンヤオ ピンフ 三色(跳満)6000点 3000点 

近藤にタンピン三色のテンパイが入る。
たろうも仕掛けから、ドラの發を切って勝負するが一発で近藤がツモ。

トップ亜紀との差が12000点まで近づく。

 

南2局(親 亜紀)ドラ 7ピン

近藤(たろうからロンあがり)リーチ ドラ1 2600点

たろうのホンイツ仕掛けに、トップ目の亜紀は早々に安全策に切り替える。
一方2着近藤は果敢に勝負に挑みテンパイ、リーチに出る。
たろうが近藤のあたり牌をつかみ、放銃。

トップ亜紀と近藤の差が8600点まで近づいた。

 

南3局(親 近藤)ドラ 5索

近藤(亜紀からロンあがり)七対子 ホンロウトウ 9600点

亜紀が満貫確定の好配牌をもらうが、5順目ターツ選択で失敗し上がりを逃してしまう。
亜紀、終盤テンパイが入りダマテン。
近藤も七対子のテンパイ、ダマテン。
亜紀が近藤のあたり牌をつかんで放銃

 

南3局(親 近藤)1本場 ドラ 3萬

たろう 萩原 テンパイ 流局

 

南4局(親 萩原)2本場 ドラ 1索

萩原(ツモあがり)リーチ ツモ 赤1 裏3(跳満)6000点オール  2本場 200点オール

トップ近藤から2着亜紀まで12000点。

親の萩原テンパイ、間チャン待ちリーチに出る。
亜紀はトップ逆転の手牌だったがおりてしまう。
萩原ツモ。

萩原が亜紀をかわし2着に浮上。

 

南4局(親 萩原)3本場 ドラ 5萬

たろう(ツモあがり)七対子 ツモ ドラ2(満貫)4000点 2000点 3本場 300点オール

 

6万点以上持っていた亜紀のトップは確実と思われたが、またまくられた。
南2局のあがりのがしと、近藤にオリ打ちの放銃が痛恨。
最後に萩原にもまくられて3着は悪夢。
近藤はやっぱり強いしうまい。素晴らしかった。

 

1. 近藤(フェニックス)41100点
2. 萩原(雷電)32100点
3. 亜紀(風林火山)29500点
4. たろう(ドリブンズ)-2700点

 

前の対局へ  次の対局へ