Mリーグ(2018年12月18日 第1回戦)ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

2018年12月18日 第1回戦

ドリブンズ(鈴木たろう)VS 風林火山(二階堂亜紀)VS
ABEMAS(松本吉弘)VS 雷電(瀬戸熊直樹)

 

トップ独走風林火山は、ラスを引かない安定の亜紀投入でファイナルを狙う。
チーム成績2位に浮上の雷電は大事な今試合で絶不調の瀬戸熊?ここは調子上昇中の萩原では?
直近ラスを引いている不調3人が入るこの卓を誰が制するのか?

 

東1局(親 亜紀)ドラ 6萬

たろう(ツモ上がり)リーチ ツモ ドラ3 赤1 裏ドラ2(倍満)8000点 4000点

 

東2局(親 松本)ドラ 西

松本 テンパイ 流局

 

東2局(親 松本)1本場ドラ 西

たろう(ツモ上がり)中 ドラ2 赤1(満貫)4000点 2000点 1本場 100点オール

たろう中盤仕掛けてテンパイ4.7萬待ち。
瀬戸熊も、たろうの仕掛けに対応しながら終盤テンパイ、5.8索待ちでリーチに出る。
同順たろうがツモ。

開局から2局連続たろうが倍満、満貫のツモ上がり。
仕掛け始めた時は安くて遠い手牌が結果的に満貫に。
今日のたろうは冴えわたっている。

 

東3局(親 たろう)ドラ 9ピン

瀬戸熊(たろうからロン上がり)ホンイツ 赤1 3900点

 

東4局(親 瀬戸熊)ドラ 3ピン

瀬戸熊 テンパイ 流局

たろう、また仕掛けを入れ安い手で親流しに出る。
たろうテンパイ1.4索待ち。
中盤瀬戸熊が5ピン単騎待ちで足止めリーチに出る。
一発目でたろう危険牌を引き、おりるが瀬戸熊が一発で掴んだ牌は1索。
1枚勝負していればたろうがあがりになっていた。
瀬戸熊はたろうの手をとめ、結果的に足止めリーチ成功。流局。

 

東4局(親 瀬戸熊)1本場 供託1 ドラ 2ピン

瀬戸熊(たろうからロン上がり)白 1500点  1本場 300点

 

東4局(親 瀬戸熊)2本場 ドラ 7ピン

松本(ツモ上がり)リーチ ツモ タンヤオ 赤1 裏ドラ2(跳満)6000点 3000点  2本場 200点オール

松本、8順目テンパイ3.6ピン待ちリーチに出る。
中盤瀬戸熊もチャンタに仕上げペン7索待ち追いかけリーチに出る。
松本ツモ。

 

スポンサーリンク

 

南1局(親 亜紀)ドラ 發

瀬戸熊(ツモ上がり)リーチ ツモ ピンフ 1300点 700点

 

南2局(親 松本)ドラ 中

たろう(ツモ上がり)リーチ ツモ ドラ2(満貫) 4000点 2000点

トップ目たろうの満貫ツモにより、2着に迫ってきた松本が親かぶり。
松本との差が20000点弱に広がり、たろうダントツトップに立つ。

 

南3局(親 たろう)ドラ 6ピン

たろう(瀬戸熊からロン上がり)リーチ ピンフドラ2 赤1(満貫)12000点

亜紀が6順目七対子テンパイ5萬待ちリーチに出る。
中盤たろうもテンパイ、3.5.6索待ち追いかけリーチに出る。
瀬戸熊が3索をたろうに放銃。

瀬戸熊、両者の安パイが無く亜紀の安全牌を選択したのか?
それにしても、3索と6索が1枚ずつ孤立している状態で自身のあがりも見込め無さそうな所から親への放銃は理解できない。
ここで親満放銃は痛恨、ラスの亜紀と約3000点の僅差になる。
たろうは59700点でトップ安泰。

 

南3局(親 たろう)1本場 ドラ 6索

たろう(瀬戸熊からロン上がり)リーチ ドラ1 3900点 1本場 300点

中盤たろうがテンパイ、間6萬待ちでリーチに出る。
瀬戸熊もテンパイ、4索と5ピンのシャンポン待ちダマテン。
瀬戸熊が6萬を掴みたろうに放銃。

なんと、2連続親のリーチに放銃。
瀬戸熊どうした?何かが崩壊したのか?麻雀格闘倶楽部バリの親への全ツッパ。
瀬戸熊ここでラスに転落。
たろうは63900点。どこまで伸ばすか?

 

南3局(親 たろう)2本場 ドラ 5萬

たろう テンパイ 流局

 

南3局(親 たろう)3本場 供託1 ドラ 6萬

松本(ツモ上がり)ツモ ピンフ ドラ1 赤1 2600点 1300点 3本場 300点オール

 

南4局(親 瀬戸熊)ドラ 4萬

亜紀(ツモ上がり)ダブ南 ドラ1 赤1(満貫)4000点 2000点

トップたろう63000点、2着松本33900点、3着亜紀2800点、4着瀬戸熊300点

トップ、2着は安泰か?3着争いが焦点。

亜紀、早々にダブ南をポンし中盤テンパイ3.6索待ち。
亜紀ツモ。順位変動なし。

 

たろう、ぶっちぎりの大トップ。
仕掛け、ゼウスの選択、ツモ、すべてが見事にはまった対局。
南場の親番で先制テンパイが入るのは調子の良さだが、すべてリーチに出て相手の手をとめる戦略が大成功。
実際に松本は点数状況的に親リーチに対して勝負する理由がない、亜紀は雀風的に押さない、残るは瀬戸熊だが勝負に行ってことごとく返り討ちにあってしまう状況。 どう考えてもたろうの連荘は止まらない。
瀬戸熊は最近の不調を取り戻すためにトップを取る使命感が前がかりにさせた。
今日の2試合は雷電にとって上位に行ってファイナル行きを楽にするか下の混戦に巻き込まれるかの大事な試合。
やはり不調の瀬戸熊投入ではなかったのではないか?

 

1. たろう(ドリブンズ)61000点
2. 松本(ABEMAS)31900点
3. 亜紀(風林火山)10800点
4. 瀬戸熊(雷電)-3700点

 

前の対局へ  次の対局へ